不動産を売却するTIPS集

太陽光発電の蓄電池

太陽光発電や風力発電などの自然エネルギーの普及のネックは天候に左右されやすい点である。
これを解決するには、蓄電技術の発展を待たなければならない。
正確には、蓄電池のコストの低下である。
現在、蓄電池と太陽光発電を組み合わせることによって、ひとつの家庭で使用する電気を十分にまかなった上で、売電する余裕もあるのである。
太陽光発電が日中に限られるところ、これを蓄電池に蓄電して、朝晩の太陽光からの電力供給が少ない時間帯にまわし、夜間は割安な深夜電力を買うと、この差額が利益となる。
太陽光発電で得られた電気だけでまかないたい場合は、昼間蓄電した電力を夜間自己使用するのである。
太陽光発電で必ずしも売電利益を得なくとも、災害時の太陽光発電のメリットは大きい。
というのも、非常用発電として蓄電池を組み合わせれば大きな力を発揮するからである。
ただ、現在のネックは蓄電池のコストである。
200万円程度もするため、初期投資を回収するのに10年以上はかかってしまうからである。
これが三分の一程度の金額になれば、爆発的に普及するだろうと思われる。
政府や自治体の補助金もあるが、まだまだ不十分である。
不動産とお金と…